{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 現在のランク:{@ member.stage_name @} / ご利用可能ポイント:{@ member.active_points @}

13時までのご注文で即日発送いたします!

13時までのご注文で即日発送いたします!

新規会員登録・今すぐ使えるポイントプレゼント

クーポン

CATEGORY
商品カテゴリー
ヌーブラ
水着用ヌーブラ
補正下着・ブラデリス
ランジェリー
インナーウェア
ルームウェア
Lia [代用乳房]
お買い物で今すぐ使える!あわせて1,000円分お得にお買い物!
新規会員登録で500円相当ポイント 新規会員登録へ
さらにLINE公式アカウントID連携で500円クーポン 友だち追加&ID連携へ

毎月8日はヌーブラの日

ブライダルインナーで失敗しない!ウェディングドレスに合った選び方とは

ブライダルインナーで失敗しない!ウェディングドレスに合った選び方とは

ウェディングドレスを着るときには、その下に特別なブライダルインナーを用意することが多いといえます。ただ、ブライダルインナーは種類がたくさんあるので、どれを選ぶべきか迷ってしまう新婦さんもいるでしょう。この記事では、ドレスに合わせることで失敗しないブライダルインナーの選び方について解説します。

ブライダルインナーで失敗しない!ウェディングドレスに合った選び方とは

ブライダルインナーで失敗しない!ウェディングドレスに合った選び方とは

ウェディングドレスを着るときには、その下に特別なブライダルインナーを用意することが多いといえます。ただ、ブライダルインナーは種類がたくさんあるので、どれを選ぶべきか迷ってしまう新婦さんもいるでしょう。この記事では、ドレスに合わせることで失敗しないブライダルインナーの選び方について解説します。

ドレス別ブライダルインナーの選び方

Aラインやプリンセスライン

Aラインやプリンセスライン

華やかさのあるウェディングドレスであり、上半身がスリムに作られているのが特徴です。下半身のスカート部分ではボリューム感を強調しています。そのため、どのような体型の人でもすっきりと着こなせることが魅力です。ただし、ドレスそのものが重く、どうしても下着が引きずられてしまうことが問題です。そのため合わせるブライダルインナーは、安定感が十分にあるタイプを中心に選んでいきます。

たとえば、バストとウェストをそれぞれ調整できるタイプのブライダルインナーなら自然に組み合わせられます。このタイプは、体のパーツを細かく補正できるのでドレスに体型を合わせることが可能です。Aラインやプリンセスラインのように、上半身と下半身でデザインが大きく変わるドレスにも対応できます。

マーメイドラインやスレンダーライン

マーメイドラインやスレンダーライン

全体的に細身のシルエットで、ゴージャスな雰囲気を演出するウェディングドレスです。縦のラインを意識したデザインなので、新婦さんの身長を高く見せてくれる効果もあります。そのかわり、体のラインがくっきりと出てしまうので、ブライダルインナーによってプロポーションを補正したいところです。これらのドレスを着るときには、インナーのコンパクトさを重視してみましょう。

理想的なのは、バストとウエストを1枚で補正する下着です。インナーを重ね着しなくてよいので、厚みが生まれません。スリムに着こなしたいドレスとの相性が抜群です。さらに、マーメイドラインやスレンダーラインでは背中を大きく見せることもあります。背中の開け具合を調整できるようなタイプのインナーが適しています。

露出の多いドレスには何を合わせる?

露出の多いドレスには何を合わせる?

ミニドレスのように、脚を見せるモデルも結婚式で着られることは多くなってきました。特に、カジュアルで飾らない会場であれば、可愛らしさを押し出したドレスが非常にマッチします。また、ハートカットのような、大胆に胸元を開けたドレスも注目されています。素肌の露出が大きいウェディングドレスでは、ブライダルインナーが見えないように注意しなければなりません。そのため背中の大きく開いたドレスなどには、ヌーブラを使用する人もいます。ブライダルインナーには肌をさらさないようにする役割もあり、中には特殊なドレスにも対応できるよう、オーダーメイドで作る新婦さんもいます。

ブライダルインナーのサイズの選び方

何のサイズを気にすればいい?

ブライダルインナーのサイズの選び方

ブライダルインナーを選ぶにあたり、チェックするべきサイズは「カップ数」「ウェスト」「ヒップ」の3点です。まず、カップ数とは通常のブラジャーと同じく、バストサイズを表したものです。ただ、ブライダルインナーのデザインは特殊なので、いつものブラと同じカップ数が正しいとは限りません。改めて測り直してから選ぶのが無難でしょう。

次に、ウェストサイズが大切なのは、ニッパーと呼ばれる補正下着を着けることが多いからです。ウェストニッパーは新婦さんのお腹を締め付け、スリムに見せてくれます。そのサイズはウェストサイズに応じて「S」「M」「L」といった基準で表現されます。最後に、下半身のインナー用にヒップサイズも測りましょう。ブライダルインナーではドロワーズ、フレアパンツといったアイテムが用意されています。サイズを誤ってしまうと足さばきの邪魔になったり、通気性が悪化したりします。ここでも、サイズは「M」「LL」などで表記されることが大半です。

サイズを選ぶときの注意点

新婦さんによくある間違いが、「きれいになりたいから小さいサイズを選ぶ」という考え方です。確かに、サイズの小さいインナーは新婦さんの体を引き締めてくれます。ただし、その分、体にかかる負担は大きくなります。痛い思いをしながら式に挑んでも、表情や所作の妨げになるだけです。それに、結婚式ではキャンドルサービス、お色直しなどで新婦さんは頻繁に移動しなくてはなりません。見た目と動きやすさをいかに両立させられるかがサイズ選びのポイントです。

逆に、ゆったりしすぎる下着を選ぶのも避けましょう。ブライダルインナーには補正効果もあります。あまりにもサイズが大きいと、その効果は失われてしまいます。また、ドレスの重みに耐えられず、ずれ落ちにやすくなるのもデメリットです。あくまでも、自分の体にしっくりなじむサイズのインナーを見つけることが重要なのです。

ブライダルインナーの種類別比較

ビスチェ

ビスチェ

ウエストとバストが一体化しているブライダルインナーです。また、肩ひもを使用しておらず、デコルテラインをさらけ出せます。ウェディングドレスではデコルテラインを見せるケースが多いため、ビスチェタイプのインナーと組み合わせるのは定番です。ビスチェタイプのメリットは、ワイヤーによってバストラインを立体的に整えられる点です。胸元にボリュームが欲しいときは、ビスチェタイプの補正力を頼ってみましょう。

ビスチェタイプは背中の調節ができるモデルも数多くリリースされています。たとえば、背中のホックを調節することで、広く開けたり閉じたりできる構造になっています。背中の大きく開いたドレスに組み合わせるなら、ビスチェタイプがぴったりです。

セパレート

セパレート

ブラジャーとウェストニッパーに分かれ、それぞれで異なる補正をできるブライダルインナーです。比較的、多くの新婦さんに選ばれているタイプでもあります。その理由は、体のパーツごとのギャップを埋めやすいからです。たとえば、バストとウェストのサイズに大きな差があると、ビスチェタイプでは上手に対応できません。セパレートタイプであればウェディングドレスに合わせて、体のパーツを微妙に補正していけるのです。

補正したスタイルを維持する面でも、セパレートタイプは便利です。なぜなら、ウェストニッパーがブラ部分を支える仕組みになっているからだといえます。結婚式の間、座っている新婦さんは上半身に注目が集まるため、セパレートタイプなら安心感が強いでしょう。

その他のインナー

下半身のインナーとしては、フレアタイプのものも人気です。下に広がっている構造なので足さばきが楽になり、動きの邪魔をしません。また、ビスチェの中にも脇部分が浅くデザインされているものや、あえてゆったりと作られているものなど、さまざまな種類があります。マタニティのインナーもバリエーションが増えてきました。こうした製品は、ウェストを締めつけられることなく着けられます。

その他、ウェディングドレスとヌーブラの組み合わせも注目されています。ヌーブラはビスチェタイプやセパレートタイプよりも装着が簡単です。サイズがコンパクトなので、ドレスの隙間から見えてしまう不安もありません。着け心地がナチュラルで、違和感を覚えにくいのも支持されているポイントのひとつです。

専用品以外の選択肢も知りたい人にはこちらの記事もおすすめ

おすすめブライダルインナー ブラ

美しさを引き立てるレースタイプ

美しさを引き立てるレースタイプ

デザイン重視ならば、レース素材のブラを選びましょう。特に、純白の下着は清潔感を演出してくれます。ウェディングドレスの色合いに干渉することもなく、当日のコーディネートを引き立ててくれるでしょう。レースのブラでは、ロングタイプと呼ばれる製品が人気です。バストとウェストを同時にカバーできるので、ボディメイクにも使えます。

ただし、デザインでブラを選ぶ際には、機能性にも注意することが大事です。肩ひもが取り外せなかったり、背中の開け具合を調整できなかったりすれば、ウェディングドレスと合わない可能性も出てきます。また、ウェディングドレスのボリュームにも耐えられるだけの素材か、試着して確かめることも必要です。

ストラップレスのブラ

ストラップレスのブラ

最初から肩ひもがついていなかったり、あるいは取り外せたりするタイプのブラは、ブライダルにも応用できます。デコルテラインをさらけ出すデザインのウェディングドレスに合わせるのなら、ストラップレスのブラが適しているでしょう。一方で、こうしたモデルは耐久性がそれほど強くなく、ドレスのボリュームを支えられる保証がありません。Aラインなど、重みのあるドレスの下に着けるのは避けるべきだといえます。

やや安全なのはチューブトップタイプのブラです。ストラップレスのブラよりもバストをしっかり固定できるので、式中の大きなトラブルは回避できます。そのかわり、チューブトップは生地の面積が広いので、かなりウェディングドレスとの組み合わせが限られてきます。胸元が大きく開いたドレスはもちろん、背中が開いたデザインにも向かないでしょう。

ヌーブラが便利な理由

ヌーブラが便利な理由

他の下着と比較したとき、ブライダルにはヌーブラが使いやすいといえます。ドレスのデザインを選ばないうえ、カラーやデザインのバリエーションも豊富です。オーダーメイドの特殊なデザインのドレスであっても、ヌーブラであれば柔軟に対応できます。それに、ヌーブラは価格的にも手ごろです。ブライダルインナーにかける費用を他に回したいときには、ヌーブラを利用するのも賢い選択です。

普段使いという面でも、ヌーブラは便利です。パーティーシーンに合わせた下着を購入した場合、再び着けられるのはいつになるか予想できません。ヌーブラならカジュアルなシーンから職場、自宅まで、シチュエーションを選ばずに使い回せるでしょう。

おすすめブライダルインナー ガードル

どのようなインナー?

どのようなインナー?

ガードルとは、ウェストラインから太ももにかけてカバーできるパンツ型のインナーを指す言葉です。ブライダルインナーとしては、ヒップと太ももを覆うデザインになっていることが一般的です。ガードルには伸縮性の高い素材が使われており、ヒップラインをスリムに整えてくれる効果もあります。

メリット

まずは、「下半身のボディメイク」です。マーメイドラインのようなドレスでは、立っているだけで下半身の形がはっきりと見えてしまいます。もしもヒップラインが太いとドレスの美しさが損なわれ、見る人にアンバランスな印象を与えかねません。ガードルならヒップの形を補正し、ドレス本来の魅力を際立たせます。次に、「ビスチェのサポート」も重要な役割です。ビスチェタイプのインナーは補正力が高いかわりに、上半身への負担が少なくありません。そこで、ビスチェの上にガードルを重ねて、新婦さんの着心地を快適にするのです。

さらに、ガードルは骨盤も支えてくれます。新婦さんが式中、姿勢をまっすぐ保つために必要なのは骨盤の力です。骨盤が不安定だと背中が曲がったり、歩き方が不自然になったりします。そうとはいえ、長い間、新婦さんが骨盤に意識を注ぐのはかなり大変です。ガードルは骨盤の位置を固めてくれるので、新婦さんが姿勢を保つとき、とても楽になります。

ガードルに合ったドレス

ガードルに合ったドレス

基本的にガードルは使い勝手のいいブライダルインナーなので、多くのドレスとの相性が悪くありません。たとえば、Aラインやプリンセスラインのように、ボリューミーなドレスを支えるための下半身サポートとしてガードルは活躍してくれます。また、ドレスと体の密着度が高い、スレンダーラインでも下半身をスマートに見せてくれます。

ただし、丈の短いミニドレスを着用するときは、ガードルのサイズに気をつけましょう。ガードルは製品によっては、かなり広範囲をカバーできるようにデザインされています。膝上からガードルがのぞいてしまうと、コーディネートに支障をきたしてしまいます。それに、ガードルの締め付けが強いと血行不良になることもありえます。かえってガードルから肉がはみ出してしまい、体型が崩れるリスクも出てくるでしょう。あくまでも無理のないサイズのガードルを選ぶことがおすすめです。

ブライダルインナーの成功・失敗談

スリムさだけを追い求めてしまい

スリムさだけを追い求めてしまい

Aさんの場合
細いデザインのウェディングドレスを着ることになり、シェイプアップに精を出していました。そして、当日に着るブライダルインナーも、あえて小さいサイズにしました。そうすれば、スタイルが引き締まってスリムに見えると考えたからです。しかし、当日になって失敗に気づきました。長時間、インナーが体を締めつけてくるため、だんだん苦痛になってきたのです。必死で結婚式は乗り越えたものの、苦しさが表情に出ていないかと終始不安でした。式が終わった後、「最初から体に合ったインナーを選べばよかった」と後悔しました。

試着を怠った結果

試着を怠った結果

Bさんの場合
式の準備で忙しい中、「ブライダルインナーにこだわる時間が惜しい」と考えるようになり、適当に良いと思えたデザインのものを、特に悩まず購入しました。その後のリハーサルでも大きな問題はなかったので、インナーについて意識することもないまま式当日を迎えました。ところが、披露宴での入場やキャンドルサービスで動いていると、だんだんインナーがずれてきたのです。試着を怠ったために、しっかりフィットしていないインナーを選んでしまっていたのでした。さすがにインナーが脱げることはなかったものの、危機一髪の状態で式を過ごす羽目になりました。

オーダーメイドのドレスでも

オーダーメイドのドレスでも

Cさんの場合
結婚式ではぜひともオーダーメイドのウェディングドレスを着たいと考えていました。人生に1度の晴れ舞台を、より特別な内容にしたかったからです。しかし、いざドレスを着る段階になって、デザインの問題点に気づきました。背中が大きく開いているので、インナーがどうしてもはみ出してしまうのです。そこで、私はヌーブラを使って切り抜けることにしました。ヌーブラならサイズがコンパクトなうえ、装着も簡単です。当日は結婚式を通して、大好きなドレスを自然に着ていられる幸せでいっぱいでした。

身も心も結婚式に集中できた

身も心も結婚式に集中できた

Dさんの場合
私は結婚式の日まで、ブライダルインナーをあまり重要だとは思いませんでした。それでも、当日になって着付けをしていると、身を引き締められるような思いに駆られたのです。いつもと違う、華やかなデザインのブライダルインナーを着けただけで、気分はすっかり新婦さんの気持ちになっていました。そして、集中して結婚式を成功させたいとの願いをさらに強めたのです。それからは、自分でも驚くほど凛とした佇まいのまま、式を過ごせました。ドレスを脱ぐときには、ブライダルインナーには精神的な効果もあったのだとつくづく実感しました。

ブライダルインナーは無理のないものを選ぼう

ウェディングドレスに合わせたり、体型を考えたりと、ブライダルインナーの選び方はいろいろです。ただ、スタイルを重視しすぎて無理のあるサイズを選ばないよう注意しましょう。式中、楽に過ごせるようにするのもブライダルインナーの大切な役割です。あるいは、ヌーブラのように着けやすいアイテムを用意するのもひとつの方法です。

現在登録されている商品はありません。